大学受験 東研学院予備校

53年の実績 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎高校生・高卒生中高一貫校対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

少人数制大学受験予備校・塾の東研
53年の実績
◎高校生・高卒生中高一貫校対象
◎高卒生は朝から。
◎黒板を使った一流の先生による生授業
◎東大・医学部・早慶合格
◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

大学入学から卒業までの学費はいくらかかる?

大学に入学してから卒業するまでかかる費用は国公立大学か私立大学かによって大きく異なります。

また、理系か文系かによっても変わります。

私立大医学部ともなると相当な金額を必要とします。


入学金、授業料


image




施設費、実習費、その他の費用が必要な場合あり。


国立大学


282,000円 (入学金)

535,800円 (授業料)


国立大学の授業料は、1990 年では33万9600円だったのが、現在では53万5800円へと約6割上昇。

それでも私立と比べて学費が安い。


公立大学


397,721円 (入学金)

537,857円 (授業料)


公立大学の授業料は平均値(入学金は地域外からの入学者の平均値)。

授業料は国立大学と同じと言って良い。


私立大学


約1,146,819円(文系) 約1,501,233円(理系) 約4,606,887円(医歯系)


入学金や授業料をトータルして卒業までの費用。

あくまで平均値で、大学や学部によって大幅に変わる。


私立医学部の場合、卒業するまでおよそ3,000〜4,000万円と見積もりましょう。

知らないと後悔する!?大学2018年問題

image



大学選び、学部選びの前に知っておきたいのが2018年問題です。

2018年問題とは、2018年から18歳の人口が減少しだして、大学間での学生募集競争が激化。

そこで、消える大学、学部が出る可能性があるのです。



1.2018年問題とは?

2018年の今年から18歳の人口が減少しだします。

1992年には205万人だった18歳人口は、2009年には121万人へ減り、その後変化はありませんでした。

ところが2018年より再び減少し、2024年頃には約106万人、2031年頃には100万人を切ると言われています。

つまり大学進学者数が減少することによって大学の淘汰が始まると見込まれます。


文部科学省によると、大学進学者数や大学進学率は今後も変わらないと見込まれています。

すなわち今年から人口減少によって大学進学者数もそれに連れて減少することになります。

今年以降ますます多くの大学で定員割れになると推測できます。


その対策として多くの大学で受験生の青田買いを、具体的には指定校推薦やAO入試など早いうちに合格を内定させるを取り入れ、学生を集めるためのユニークな学部の新設、学部の組み換えなどを行っています。



2.なぜ2018年問題が起こるのか?


原因には大学数の増加があります

1991年に文部科学省が大学設置基準の緩和を断行したにも関わらず大学は期待ほど新設されず、大学設置認可手続きが抜本的に改正されたのは2003年でした。

後手に回ったことによるタイムラグにより、受験者数の減少と新設ブームは噛み合わず、需要と供給のバランスが崩れてしまいました。


18歳人口の減少と進学率の関係

文部科学省の統計によると、18歳人口は1992年のピークを境に2009年まで減少し続けましたが、その間、大学進学率が伸びたため、大学入学者数は変わらずに推移していき、18歳人口減少による影響はありませんでした。

しかし、現在の大学・短大の進学率は併せると約57%で年により大学進学率は50%前後です。

単純計算で18歳人口が99万人と予想される2031年には、大学入学者数は48万人前後になるでしょう。

大学進学率が伸びなければ18歳人口の減少で大学入学者数が減少します。



3.今後、大学はどうなる?

image



2018年以降、潰れる大学や学部ができ、存続の危うい大学が出る可能性があります。

募集人員を大きく下回る私立大学は全国で半分くらいあり、

難関大学、都市所在大学以外は淘汰の恐れが。

人気大学でも学部や学科によっては廃止などの可能性もあり、2018年以降は日本の多くの大学での生き残りがかかっている年なのです。

もう受験生になるなら知ってないとまずい大学入試の仕組み

これから受験生になる方やこれから受験生を支える保護者の方へ、大学入試の仕組みについて知っておきたい知識を解説します。


大学入試の方法は様々。
センター試験を利用したり一般受験だったり推薦入試などいろいろな試験方法があり、入学の仕方は人それぞれ。
大学は国公立大学と私立大学があり、理系、文系、医系と学部も様々です。


大学入試センター試験


image



センター試験(大学入試センター試験)は一般入試で国公立大学を受験するほとんどの人がこのセンター試験と各大学独自の2次試験を受けます。
センター試験と2次試験の合計得点で合否が決まります。
2段階選抜という方法をとる学部、とらない学部があり、(いわゆる足切り)ボーダーラインは各大学、学部によって設定が異なります。
また、センター試験を受験することで、私立大学の合否も判定することができます。
私立大学のセンター試験利用入試といい、日本の私立大学の約9割の大学が採用しています。



大学入試センター試験のしくみ


image


国・公立大学の多くは5(6)教科7科目を受験し、私立大学は3科目前後を受験します。


試験終了後、国公立大学を目
指す人は正解・配点を自己採点し、得点に応じた出願大学(2次試験受験大学)を決定します。
センター試験利用の私立大学は、センター試験受験前に出願しなければならない大学が多いですが、センター試験の後、各私立大学の個別試験を課す大学も。
※センター試験利用の私立大学は何校でも受験可能。



一般入試


image



国公立大学の場合は一般的に2次試験といいます。
センター試験の後、前期日程・中期日程・後期日程の最大で3大学への出願ができますが、前期日程が募集人数が多いため、一般的に前期日程が第一志望校と成。
中期日程は公立大学が多く、募集人数は少なく、後期日程も大学によっては後期日程を廃止(例 東京大学)している場合もあります。
2次試験の問題はほぼ記述式で、


文系学部は英語、理系学部は数学・理科を中心に1~4科目を課します。
私立大学の一般入試は、3科目型が中心です。
理系では早慶、医学部入試などで4科目型です。


私立大学では
・全学部統一入試
・得意科目重視型入試
・試験日自由選択型入試
などユニークな試験方法があります。



推薦入試


image



合格者のうち推薦入試での合格者数の内訳は国立大学は10%強、公立大学は約25%、私立大学では約40%となっています。


推薦入試は原則として、高校の校長からの推薦が必要ですから、高校3年間の学業や各種活動での実績、成果が重要。
学業の場合なら、評定平均が重視されます。スポーツ・文化活動での推薦ならば、全国大会出場または都道府県大会での上位入賞などが目安です。


指定校推薦と公募推薦とあり、
「指定校推薦」大学が指定した高校の在校生のみが該当します。
「公募推薦」は大学が設定した出願条件を満たしていれば、どの高校に在籍していても出願可能です。
書類選考、面接、小論文などで
合否が決まります。
他にも得意分野を評価される「特定教科推薦」「スポーツ推薦」「課外活動推薦」「文化活動推薦」「有資格者推薦」などがあります。



AO入試


image



国公立大学の倍率は約3倍、私立大学は2倍弱です。
大学での学習意欲や個性、能力などを評価するもので、基本的に高校の校長からの推薦は必要なく、高卒生の出願を認めている大学もあります。
書類、審査、面接、小論文、口頭試問などによって合否が決まります。



早めのうちにどういう試験を受けるか絞り、自分の最も行きたい大学の試験方法の対策と最も有利な試験方式の選定をしましょう。

特集:日本の大学のランドマーク 第7回 北海道大学


特集:日本の大学のランドマーク 第7回 北海道大学

北海道大学


北海道大学古河記念講堂


[ランドマーク]・・・シンボル的なモニュメント、建物、空間


日本に限らず、大学にはその大学の象徴となる記念像や建物があります。


見てすぐ「○○大学だ!」と分かるそういった大学のランドマークについて、有名なものをご紹介します。


札幌農学校から東北帝国大学農科大学を経て、北海道大学へと独立します。


この建物は登録有形文化財の北海道大学古河記念講堂で、1909年(明治42年)に古河財閥の寄付によって建てられました。


中央に入り口、左右に伸びるルネッサンス様式の建築で、真っ白い外壁はいわゆる学校らしい古き良き時代を忍ばせます。



木造2階建,鉄板葺,建築面積414㎡ 1棟



クラーク胸像


クラーク像といえば北海道の観光名所の一つとなってる、さっぽろ羊ヶ丘展望台に設置されている全身像がとても有名です。


一方、北海道大学内に佇むクラーク胸像は大きさこそ、こじんまりとしていますがこちらもクラーク博士の業績をたたえる立派な像です。



ポプラ並木


67本のポプラが並ぶ全長250mの道につながり、中には樹齢百年を超えるものまであります。


並木道は80mの長さを散策可能で、夏の緑、秋の黄金色といった色彩を楽しめます。

特集:日本の大学のランドマーク 第6回 東京工業大学

特集:日本の大学のランドマーク 第6回 東京工業大学

東京工業大学


大岡山キャンパス 本館


[ランドマーク]・・・シンボル的なモニュメント、建物、空間


日本に限らず、大学にはその大学の象徴となる記念像や建物があります。


見てすぐ「○○大学だ!」と分かるそういった大学のランドマークについて、有名なものをご紹介します。



東工大生が入学後の1年間の授業の大部分を大岡山キャンパスで過ごします。


1934年に竣工されたこの本館を含む大岡山キャンパスの3つの建築物が2013年7月、文化庁より登録有形文化財に認定されました。


本館前の桜並木は、毎春、入学式や卒業式に文字通り花を添えます。



鉄骨鉄筋コンクリート造の3階建一部4階、地下室・塔屋付