大学受験 東研学院予備校

53年の実績 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎高校生・高卒生中高一貫校対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

少人数制大学受験予備校・塾の東研
53年の実績
◎高校生・高卒生中高一貫校対象
◎高卒生は朝から。
◎黒板を使った一流の先生による生授業
◎東大・医学部・早慶合格
◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

眠い理由はこれだった!学生の眠気を覚ます3つの真実


眠い理由はこれだった!学生の眠気を覚ます3つの真実

 
 
皆さんは四当五落(よんとうごらく)という言葉をご存じでしょうか?四時間睡眠なら合格で、五時間寝ると不合格という、勉強における過酷な表現です。睡眠を削る勉強は非効率ですし、さすがに現在では毎日四時間睡眠で勉強している人がいたとすればそれは希有な存在でといえます。
 
 
寝る間も惜しんで勉強している方にとっては、睡眠時間の間も勉強できたら良いのにと感じることもあるでしょう。ただ、残念ながら人間は平等に1日は24時間と決まっています。睡眠時間が少なくても割と平気な人もいれば、少しでも多く寝たい、深く睡眠を取りたいと思いながら勉強している睡眠にはデリケートな方も多いと思います。 
 
良質な睡眠なら、同じ睡眠時間なら起きたときの脳のすっきり感が違いますし、深く眠ることができたらその分短くて済む場合があります。 同じ一日24時間で、6~8時間の睡眠は取らなくてはならないのなら、少しでも良質で深い睡眠を手に入れましょう。※個人差があります
 
 
 
 
夜は寝付きにくく、朝は起きにくいと言うことはありませんか?昼夜逆転していると睡眠の質はおろか、勉強の効率までも下げてしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
年齢別の平均睡眠時間
年齢総合男性女性
全年齢平均7時間42分7時間49分7時間36分
10~14歳8時間35分8時間40分8時間30分
15~19歳7時間42分7時間46分7時間37分
総務省統計局
もし受験生なら、もっと少ない睡眠時間でしょう。平均すると7時間30分くらいがおおよその睡眠時間ですね。
 

寝る前のスマホは厳禁


 
 
 
 
 
 
 
「なんだか眠れないな~」→「退屈だからスマホ見よう」→映像が脳内でリピート
 
 
 
勉強で覚醒した脳ではなかなか寝にくいですが、寝る前のスマホは絶対に辞めましょう。スマホのブルーライトは脳をより覚醒し、寝付けにくくします。また、ブルーライトをカットしたとしても、見ていた内容を思い出したり、それに関連したことを考えたりと、良いことはありません。睡眠時間がスマホの間に減るばかりでなく、睡眠の質まで下げます。
 
 

カフェインの取り過ぎは逆効果


 
 
 
 
 
 
 
決して飲まない方が良いということではありません。むしろ、試験1時間くらい前に飲んでおくと効果的な場合があります。ただ、カフェインの覚醒効果は約8時間~12時間と言われています。つまり、約12時間前まで摂取しておかないと、寝なくてはならない時間にまだカフェインが効いている場合があります。もし夜12時に寝たいのであれば、お昼の12時を回ってから飲むのは避けた方が良いことになります。※個人差があります。 しかも、一日に自分がどのくらいカフェインを摂取しているか分からずに飲んでいる人も多いはず。慢性的にまたは半分中毒のように飲んでいる方はいったんカフェインを絶って、体内リズムをきちんと戻してからにしましょう。
 
 
 
 

日曜日に睡眠サイクルをこわしてはいけません


 
 
 
 
 
 
 
日曜日に安心して寝過ぎてしまい、起きたらお昼の12時をまわっていたなんてことはありませんか?お昼過ぎに起きてしまっただけで一日損した気分になってしまい、午後の勉強さえやる気を失ってしまう場合があります。さらに、6日間続けていた起床時刻を壊してしまうわけですから、日曜日の夜は寝付きにくく、月曜日の朝が憂鬱になってしまいます。ちなみに、「寝だめ」ということはできません。たくさん寝ておけば次の日くらいは多少、睡眠時間は少なくて済みますが、トータル的にみれば睡眠に関してなんの得もありません。
 
 
毎日きちんと規則正しい睡眠をとりましょう。朝食をきちんととったあとに、もしカフェイン類をとるのであればお昼までの間に取りましょう。コーヒーなら1杯くらいが適量です。寝る1時間前にはスマホやパソコンは閉じましょう。

受験生、高校生、必見!インフルエンザや風邪をうつされない4つの方法


https://www.token-ac.com/

受験生、高校生、必見!インフルエンザや風邪をうつされない4つの方法

 
普段の勉強でも、そして試験が間近の時にはなおさら、体調を崩しては本来の実力を出し切れません。ましてや寝込んだりできない受験生にとって、感染症予防は本当に重要なことです。 
 
 

(1) 正しいうがいと手洗い

 ウイルスが体内に侵入するのを防ぐために心がけて欲しいことがあります。 外では色々なものに触れます。その時に自分の手にウイルスが付着する場合があります。 外から帰宅したらまずうがいと手洗いをしましょう。 ウイルスはノロウイルスなどの特別なものを除けば石けんでほとんどやっつけることができます。 うがいはうがい用の液を使うのが理想ですが、あの苦いヨウ素の味が苦手な人はお茶でうがいをしましょう。水だけよりも効果があります。口先の方だけでなく、きちんと喉の奥の方を意識してうがいをしてください。 手洗いは石けんで時間をかけてしてください。冬は袖の長いものを着ているので、まくりあげて、手首の方まできちんと洗いましょう。固形よりも液体石けんや泡の石けんの方が爪の先までよく洗えます。 できれば手洗いは帰宅後だけではなく、食事前にもしましょう。  
 
 
 
 

(2) 外では必ずマスク

例えば電車やバスのように人の多い密閉された空間で2,3人がくしゃみや咳などをしたらどうでしょう… その場から一刻も早く逃げ出したいですよね。 最近はマスクは感染している人よりも感染したくない人の方がより多くマスクをしているのではないでしょうか?感染予防のマスクが様々なところで大量のケースで売られています。 マスクは必ずを覆ってください。 マスクはウイルス対策のもので、ノーズワイヤープリーツなどの加工が施されている不織布のものがおすすめです。たとえ高価なマスクでも、マスクと顔の間に隙間が出来てしまっていては全く何の効果もありません。きちんとマスクの説明書の通り装着してください。 そしてマスクはできれば早いサイクルで交換できる、使い捨てタイプがおすすめです。マスクの表面には菌がついている可能性があり、それをまた装着すると菌がマスクから口に入り込む可能性があります。常に清潔なマスクの正しい着用を心掛けてください。 
 
 

(3) 適度な湿度を保つ

空気が乾燥する冬の季節、湿度が低いと喉の粘膜の免疫機能が低下します。乾燥しやすいこの時期は加湿器や加湿機能などを使って、適切な湿度の50%前後を保つようにしてください。最低限、40%は切らないように注意しましょう。 
 
 

(4) 食事・睡眠をきちんととる

夜遅くまで頑張って勉強しているとどうしても睡眠不足になりがちです。しかし睡眠不足の時は風邪をひきやすく、インフルエンザ菌に対しても抵抗力が落ちてしまいます。勉強で毎日忙しいですが、できる限り適度な睡眠の量を確保して下さい。 食事はなるべく毎日栄養のバランスの良いものを取りましょう。ビタミン・ミネラル・タンパク質などの必要な栄養素をバランスよく摂取しましょう。   
 
 
 
 
いつもベストの体調で!

やる気がグングンアップする勉強部屋! あなたのお部屋、やる気がみなぎる勉強環境ですか!? 第2回 勉強デスク、整理整頓されていますか?

第2回 勉強デスク、整理整頓されていますか?

 
 
 
勉強机の上は、勉強に使用する教科書や参考書や辞書、ノートだけにして、ほかの余計な物は一切しまって下さい。また、飲み物等も片付けてください。机の上にゴチャゴチャいろいろな物を置くと、目に勉強とは関係のない余計な情報が入って、勉強に対する意欲や集中力を奪ってしまうからです。また、デスクの前にお気に入りの人形やフィギュア、プラモ、ポスター、写真などがあったら勉強の役には立たないだけでなく、勉強のやる気を無くさせるものでもありますので、ベッドやクローゼットなどの視界に入らない別の場所に移しましょう。「それが目の前に無いと集中して勉強できない」というものを作ってしまうと、いざ授業や試験で実力を発揮しようとしても、余計なものは机の上に置いてはいけませんから、無意識のうちに依存症が生まれてきてしまいます。それが無いと落ち着かない、やる気が出ない、となる依存物は極力勉強の視界の範囲内からは、どかしてください。勉強机の中に大事な宝物をしまっていたり、お気に入りの本や漫画を入れてしまっていることがあるかもしれませんが、これらも他の場所に移してください。視界に入っていなくても、勉強が辛い時についつい手が伸びてしまいます。  
 
スマホは勉強に必要な辞書代わりに使っている人も多いと思います。しかし、スマホはついつい手が伸びて...LINE、Twitter、YouTube....ちょっとのつもりがなん分も何十分もやっていた、なんてことになってしまうのです。それらは決して勉強の休息にはなっていません。スマホはできれば電源を切ってかばんの中などにしまっておくのが良いでしょう。その日の勉強が終わったら、机の上は綺麗に片付けて、次の勉強がしやすいようにしましょう。次の日に続きから勉強を始めるのでそのままにしておきたい時等は別として、違う科目や違うテキストを勉強し始める際に、前の勉強の片付けから始めるのは億劫なものです。 その日の勉強をリセットして次の日の勉強を新しい気持ちで始めることができ、その日の勉強への集中度が増します。
 
使う頻度の高い教科書や参考書、辞書などは椅子から離れずに手が届く範囲に置きましょう。いちいち立って取らないといけないとなると、それだけでもやる気を少しずつ削いでしまいます。何も置いていないエリアをB4サイズで良いのでいつも開けておきましょう。今取り掛かっている勉強がはかどらず、一時的にそれらすべてをどかして別の勉強をやったほうが効率が良い時に、丸投げするエリアが必要だからです。何分も何十分もかかってもなかなか解けない問題、覚えるのに凄く時間がかかる暗記...そういったものはズルズル続けるのではなく、別のものに取り掛かっておいたほうが時間の効率が良い場合があります。 
 
重要な保管用書類、小物入れをどこかに作って下さい。受験票や切符、願書、重要な連絡書など、絶対になくしてはいけない物はそこに入れて下さい。読み終わったプリント、計算用紙などすぐにゴミ箱行きになるものとはくれぐれも一緒にはせず、重要書類はすぐに重要種類入れに入れる習慣をつけましょう。散らかしてしまった部屋を保護者の方が綺麗に掃除してくれた、という経験はありませんか?その後、紛失物の行方を掃除してくれた保護者の方のせいにしなくて済むようにきちんと保管しておきましょう。どこに何があるかが分かりやすいだけでなく、取り掛かり忘れている問題集などをすぐに思い出させる効果があります。机を片付けたら下からずっと手付かずの問題集があった....そんな経験はありませんでしょうか?  今ではなくても、いずれやる勉強関連の本は無くさないように気を付けてください。

やる気がグングンアップする勉強部屋! あなたのお部屋、やる気がみなぎる勉強環境ですか!? 第1回  勉強に最適な「明かり

第1回  勉強に最適な「明かり」

 
 
机に向かう気が起きない... 座って20分くらいで飽きちゃう... ついついスマホに手が伸びる... 難問に直面すると次第に眠たくなる.....  学生さんなら例えどんなに勉強好きでも、こんな風に思った経験は一度や二度はあるのでは無いでしょうか?  
 
 
定期試験のための試験勉強でしたら、1週間や2週間くらいの短期間でなおかつ出題範囲もある程度決められていますから、必要に迫られた目の前の勉強に対してでしたら誰もが勉強のモチベーションは比較的維持しやすく、集中できるのではないでしょうか。 ところが、長い日々の持久戦である受験勉強は「勉強癖」を付けて、毎日コツコツと相当の勉強量を積み重ねていかないといけません。 何百日も欠かさず集中して、飽きることなく勉強し続けるなければならないこの受験勉強には、最適な環境を手に入れることも大きな味方となるのです。  そこで、意識しなくても自然に勉強する気になれるとっておきの環境づくりをご紹介します。 
 
 

東大生107人が選んだ最も勉強に良い明かりは昼光色

 
突然ですが、みなさんの勉強しているお部屋の電気を見てみて下さい。 何色でしょうか? これは大手電機メーカーによる東大生107人に行った実験でも実証されていることで 参考URL→ http://panasonic.jp/light/led/dokusyo/※個人差があります  
 
 
蛍光灯には大きく3種類あります。 「昼光色」(ちゅうこうしょく)は色温度約6,500K前後の青みがかった爽やかな光 「昼白色」(ちゅうはくしょく)は色温度約5,000K前後の太陽光に近い自然な光 「電球色」(でんきゅうしょく)は色温度約3,000K前後の暖かみのある光 
 
 蛍光灯の明るさと色温度の関係は一般的には 「電球色」が2700K、 「昼白色」が5000K、 「昼光色」が6500Kとなっています。  勉強に一番最適な色温度は、白黒コントラストが一番はっきりよく見える 「昼光色」です。   文字がくっきり見えますから、文章を読んでいても目が疲れにくいですし、目にしっかり焼き付いた文字や図が記憶に残りやすいのです。 心理的に眠くなりにくく、記憶力がアップする昼光色は、勉強に集中するに最適な明かりなのです。 
 
 
 

リビングの勉強は効率が良いのか?

学生さんの中には、「リビングで勉強すると落ち着く」という方がいらっしゃいます。 リビングは落ち着いてくつろげるように昼白色〜電球色が使われています。  落ち着くと言うのはリラックスできるということです。 ただ、ここで注意しなくてはならないのは勉強中に落ち着くということは眠くなりやすいとも言いかえられるのです。 また、緊張感に欠けるので、試験中のつもりで過去問を解きたい時などはリビングの部屋色では効果が下ってしまいます。 
 
 1人用の勉強部屋が無く、リビングやダイニングで勉強をしているという方も中にはいらっしゃることでしょう。 その場合、勉強用の蛍光灯に取り換えてもらうようにはしにくいですよね。 今では便利なことに、持ち運びやセッティングが簡単で、しかも勉強や読書に最適に調光を自由に変えられる卓上ライト、デスクライトが3000円〜購入できます。 リビングやダイニングは勉強部屋としては少し暗めですので、勉強の時はぜひ卓上にもこういった卓上ライトを明かりを足してみて下さい。   
 
 
 
 

特集:日本の大学のランドマーク 第2回 早稲田大学

特集:日本の大学のランドマーク 第2回 早稲田大学

[ランドマーク]・・・シンボル的なモニュメント、建物、空間日本に限らず、大学にはその大学の象徴となる記念像や建物があります。見てすぐ「○○大学だ!」と分かるそういった大学のランドマークについて、有名なものをご紹介します。
大隈講堂
大隈講堂
重要文化財であるこの早稲田大学大隈記念講堂は、創立者である大隈重信の記念事業として建てられました。大隈記念講堂は、 早稲田大学のシンボル的ランドマークで、ロマネスク様式のゴシック様式を取り入れた価値の高い建築物です。また早稲田大学建築学科で教鞭をとり、多くの建築家を輩出した佐藤功一氏の代表作としても有名です。
昭和/1927
鉄骨鉄筋コンクリート造、建築面積1,225.95平方メートル、三階建、地下一階、鉄筋コンクリート造時計塔付
附・棟札 1枚
大講堂は3階建てで1123席、地下1階は301席の小講堂。
大隈重信像
こちらはキャンパス内にある、東京専門学校(早稲田大学の前身)の創立者である大隈重信の彫像です。早稲田キャンパスには2体の大隈像があり、この外套をまとった全身像は1932年10月17日に早稲田大学創設50周年及び大隈重信没後10回忌を兼ねて作られました。高さは298cmもあります。
 大隈重信は佐賀藩士出身の明治の政治家です。1869年に大蔵大輔として財政面に尽力し、西南戦争で軍事輸送担当だった三菱と密接な関係を持ちます。 
明治14年の政変で失脚した翌1882年立憲改進党を組織し、東京専門学校(のち早稲田大学)を創立しました。
↑ちょっとイケメン風?な大隈重信