大学受験 東研学院予備校

53年の実績 ◎東大・医学部・早慶合格 ◎高校生・高卒生中高一貫校対象 ◎高卒生は朝から。 ◎黒板を使った一流の先生による生授業 ◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

少人数制大学受験予備校・塾の東研
53年の実績
◎高校生・高卒生中高一貫校対象
◎高卒生は朝から。
◎黒板を使った一流の先生による生授業
◎東大・医学部・早慶合格
◎国公立私立大学 理系 文系 医系全対象 ◎駅すぐです!

進路が決まらない!?高校3年生と卒業生の受験大学の選び方5パターン

受験生、もしくは早いと高校2年生の夏休みが過ぎたくらいから、だんだん志望校のことを具体的に意識し始める頃でしょう。


例えば国公立大学、志望大学&学部まで希望が決まっている、医学部や歯学部、薬学部など、選択肢に困らない場合は志望校選びは、さほど苦労しません。


とくに医系の場合、受験できる大学が限られてきますので、場合によってはライバルの友人と日程がまったくかぶるなんてことも。


試験会場で偶然あったら、お互いのためにあまり多くはお話ししないでおきましょう。


志望校選びで特に難しいのは私立大学


特殊な分野でもない限り、大学や学部はいっぱいありますから、受験校をどのように決めたらよいのか迷いますよね。

卒業生は1度、高校時代に受験していますから同じ大学を再度チャレンジしたり、さらに志望校をステップアップしたいという意欲のある方もいらっしゃるでしょう。
最終的な判断は受験指導の先生と、偏差値などを確認しながら決定します。

その前に、志望校を聞かれる前に自分なりに決めておきたい場合、そこで志望校を選ぶ時の基本は「何を優先するか」ですね。

「絶対にココしか行きたくない!」

という受験生もいれば、

「MARCHならどこでもいい」

とか、

「機械関係の勉強が出来るところ」

など、人によって様々。
あなたが何を優先したいのかを、まずははっきりしておきましょう。

大学名が最優先

行きたい大学の学部を複数受ける

例)「早稲田に行きたい。早稲田大学ならどこの学部でもいい。」

早稲田大学 法学部
早稲田大学 政経学部 政治
早稲田大学 商学部
早稲田大学 社会学部

このように、私立大学は理系文系それぞれの中で学部が複数あり、日程がかぶりませんから本命学部・抑え学部など、複数受験するパターンがあります。


学部が最優先

行きたい学部で日にち順に受ける

例)「経済学部で勉強したいから、経済学部のある大学から決めたい。」
立教大学 経済学部
中央大学 経済学部
成蹊大学 経済学部

日程がかぶる場合は経営、商などでも良いという方は多いですね。
その後、学力の伸び次第で難易度、通学条件(自宅に近いなど) でさらに絞っていきます。

ランクが最優先

早慶・MARCH・日東駒専などのレベルの近い枠で受ける

例)「早慶は難しいけど、日東駒専は楽に受かるレベルだから、MARCHならどこでも良い」
明治大学 理工学部
立教大学 理工学部
中央大学 理工学部

その中でよりどの学部を受けたいか、日程は厳しくないか検討。

※最近では「GMARCH」(MARCH+学習院)という呼び方もありますが、すべてひっくるめた広い範囲で用いることが多いです。

他にも志望大学の選び方があります。

国公立早慶 / 私立医学部 早慶理系

いわゆる難関大トップレベルなら、国公立私立、学部関係なく併願して受ける場合や、私立医学部受験生が早慶の理系も併願で受けるという場合などがあります。

入試問題の形式

非常にまれな例になってきますが、受験生の中にはマークセンス方式で中くらい程度までの難易度の問題なら高得点をとるのが得意だという方、難解な記述や説明、論証など、発想力を問う問題を2/3くらい解けるという方など、タイプがあります

両方得意な場合は良いですが、どちらか一方の極端な場合は問題形式に自分が合っている大学や学部が優先になりますね。

志望校選びのパターンは色々

実家から通いたいとか、東京の交通の便がいい大学とか、人数が多い大学、就職先など志望動機は複数の条件が色々と重なって最終的に決定されます。

とにもかくにも学校で調査書を書いてもらうまでは志望校選びに気をとられず、しっかりと学力を伸ばしてください。

【大学受験2019年】なぜ2019年大学入試が難しくなると言われるのか!?


2018年入試では早慶上理・MARCH、関関同立などの私立大学が合格者数を厳しくすることで、連鎖的に日東駒専などの中堅私立大学の倍率、難度が急上昇しました。


その結果、連鎖的に下位レベル大学まで滑り止めとして併願する受験者が増加し、いずれの大学もワンランク高い難易度へと難化したのです。


2018年の入試が難しくなった理由

2018年の入試が難しくなった原因は「入学定員の厳格化」が2016年から私立大学に導入されたことに由来します。
これはもし大学が、大学定員充足率(入学定員に対する入学者数の割合)を1.2倍よりも多く学生を入学させると、国から大学への私学助成金が不交付になるという制度です。

主に私立大学で、大学定員充足率が16年度は1.17倍、17年度は1.14倍、18年度は1.1倍と厳しくなっています。
基準を超えると助成金は全額カットされてしまいますから、大学側は合格者を多く出せなくなってしまいました。

2018年の一般入試結果では、国公立大学が志願者の約1%が減り、合格者も約1%減りました。
それに対して私立大学は志願者が約7%増えたのにも関わらず、合格者が約4%も減りました。

大都市の難関から中堅レベルの私立大学の文系を中心に難化し、準難関国公立大がやや易化しました。
学部や系統でみると、国公立学では医学部や薬学部が倍率が減り、私立大学では文系の倍率がかなり上昇しました。

私立難関大学から中堅上位大学に対する大幅な合格者の厳格化により、2019年入試では高卒生(浪人生)が2018年よりやや増えていると言われています。

2019年の入試の展望

まだまだ就職しやすい情勢ですから、私立文系人気はもう少し続くでしょう。
受験生は大都市志向が強く、大都市の私立大学は定員超過率の制限がそのままで、特に東京23区内の大学は定員増や新増設が認めらていないことからも難化傾向は続くと言われます。
2019年入試では、私立大学は推薦やAO入試も含め、志願者が増えて合格者絞り込みによって、早慶上理~MARCHでは厳しい入試が見込まれます。

合格最低点ではなく、合格者平均点を目標にしよう

過去問練習をしているときに気になるのが、合格者最低点ですよね。
合格最低点は合否の分かれ目ですから、受験生はそれを超えようと意識します。
しかし、ここで受験生の方に毎年毎年、口を酸っぱく訴えていることがあります。
それは

「合格者平均点を超えることを目標に」

ということです。

世間では、2017年までの合格最低点を指標に受験校を選定して、2018年では不合格になった例が多いと言われています。
合格平均点は、合格最低点よりだいたい得点率で4~12%くらい高いです。

「合格最低点はギリギリ受かる=うっかり落ちる」

という点数ですから、完璧に合格するために合格者平均点の学力まで上げましょう。

2019年の東大・早稲田受験生は大学の過去問はいつから解くべき?



センター試験、国公立大学や私立大学など、大学受験生は過去問はいつから何年分、もしくは何周やったらいいのか疑問ですよね?


そこで、過去問はどのように使えばいいのか、志望校合格のための使い方について詳しく説明していきます。


1.過去問はいつから解くべきか



過去問をいつから何年分解けばよいのかですが、これは勉強の進捗状況によって異なります。


そして1回受験を終えた卒業生と、未修範囲のある高校3年生とでは大きく異なります。


また、国公立受験1本でいく人もいれば、私立大学との併願、私立大学受験生でもどれだけの数を受けるかによって過去問をとき始める時期が異なってきます。


1-1.センター試験の過去問対策


センター試験は傾向が年々変化しています。


近年、次第に傾向が2020年の大学入試改革対策として、「考える試験」へと変貌しています。


ですからセンター試験の過去問は、去年がこうだったから今年も、というように安直にはいきません。


何年分やればいいかですが、センター試験は追試の問題を含めると膨大な数になります。


センター試験は過去問も活用するという宣言をしていますので、10年以上前の問題でもやる価値が十分あれます。


むしろ、過去問で狙われるとしたら2,3年前よりも10年以上前のほうが狙われやすいと考えても良いでしょう。


1-2.国公立大学の過去問対策

国公立大学受験生はセンター試験の過去問と、志望校の本試験の過去問と両方の対策をしておかなくてはなりません。


さらに、私立大学受験と併願を検討しているようでしたら、対策しなければならない柱では


・センター試験の過去問


・国公立大学の過去問


・私立大学の過去問


といったように、3本立てになります。


センター試験が1月の半ばということから、12月になったらセンター試験対策に気持ちをだんだん切り替え始めるでしょう。


ただ、国立2次試験の難題の勉強にがっつり取り組んでいる受験生にとっては、センター試験は何年分もやるほど難問ではありません。


時間配分に気をつけるというのを第一に、過去問を利用してください。


1-3.私立大学の過去問対策

私立大学は2段階ではないので一見楽そうに感じますが、複数の大学や、志望大学でも複数の学部を受験する予定なら、受ける試験の数だけ過去問が存在します。


しかも、全学部試験や2科目試験、3科目試験など試験形式が異なる場合、問題も違いますから、やはり過去問の量も多いわけです。


私立大学受験の場合でも、センター試験利用でしたらセンター試験の過去問もやらねばならず、国公立大学受験にまさるとも劣らぬ量となります。


過去問をいつからやるべきかは、まず自分がどれだけの数を受験するかを決めてからにしましょう。


勉強はどこまで終わっているか(まだ習っていない範囲はないか)、科目別に極端に得意不得意科目がないかなどを吟味し、そちらの勉強をまずは優先してください。


2.過去問を利用すべきなのはなぜ

過去問の利用意義は大きく、実力を十分に発揮するためにはマストの勉強です。


数が限られている過去問ですし、受験生にとって大切な勉強時間を割くわけですから、過去問を解くのなら有意義に使ってほしいところです。


中途半端に解いて答えだけ知ってしまって、後で解こうにも役に立たないなんてことがくれぐれもないように。


2-1.本気で解くのと勉強方針決定に解く過去問


過去問を解くと言っても、試験の間近になって本気で取り組む過去問と、これからの勉強の方向性を決めるための参考に解く過去問と使い分けてください。

2-1-1.参考的に解く過去問

過去問で志望校の出題傾向や難易度、問題の分量を知っておきたいという受験生は、本格的に時間を決めてすべて解くのではなく、眺めるだけでも結構ですので、志望校の試験の特徴をよくチェックしましょう。


すべてがマーク式問題だったり、記述問題が多かったり、大学によって試験の個性があります。


「この大学の傾向は自分にぴったりだ」
とか
「この分量は相当なスピードが必要だ」
といった、勉強を効率的に進めていく助けになります。


2-1-2.本番用にガチで解く過去問

できれば、試験開始時間が10時なら、10時から始めるのが良いでしょう。
そして、休憩時間は前倒しして、丸付けや復習をします。


本格的に1年分を全科目解くと、約半日は要します。
できれば試験時間が90分であれば、5分くらい縮めて解くのが良いでしょう。


2-2.去年の過去問を解くメリットとデメリット

去年の過去問を解くメリットとデメリットは何でしょうか?


・メリット 傾向や難易度の参考になる  
・デメリット 絶対に出題されない


このように、去年の過去問というのは諸刃の剣で、去年の過去問を参考にすることはとても大切なことですが、裏を返せば去年の問題は絶対に出ないわけです。


問題量や試験形式を知り、時間配分に気をつけて解くには、去年の過去問は非常に役に立ちます。

3.じっくり過去問を解きたい!

高校によっては進路指導室や図書館の本棚にに赤本が並んでいることがあります。


貸出可であっても書き込むことはできませんし、何より、どこの大学を受けるのか周囲の友達に分かってしまうのも抵抗があると思います。


一番オーソドックスなのは、自宅で解くことですね。
周囲を気にすることなく集中して取り組むことができるでしょう。



3-1.過去問はどうやって手に入れるか



    過去問の閲覧、ダウンロードはこちら





大学の入学願書や試験要項とともに過去問も一緒に入っている場合があります。


過去問ゲットの王道は公式ホームページからダウンロードすることです。
pdfという形式のファイルでダウンロードできますから、プリンターのあるオタクでしたら、プリントアウトすればいつでも取り掛かれます。


ネットから過去問をダウンロードする場合、大学の公式サイトでないところは、会員登録をしないといけなかったり、すべての大学や学部の過去問がそろっていないなどの問題があります。


また、ログインできないなどのトラブルもありますので、過去問を解くメインとしてはやはり本屋冊子になっているものが安心ですね。

3-2.東大の過去問対策はいつから

東大の過去問対策は理系と文系で異なります。


Ⅰ~Ⅲのいずれを受験するかどちらを受験するかによって合格基準が違ってきますので、本試験対策は早くとも秋以降で良いでしょう。


センター試験だけの科目の勉強がすでに仕上がっていたなら、センター試験の過去問の方を先にやってみるのも手です。


すべての科目でなくとも、
「この科目はいける」
と感じたものからやってみるのもおすすめです。


3-3.早稲田の過去問対策はいつから

早稲田の過去問はいつからやれば良いのでしょうか。
早稲田は学部が複数あります。
1学部に絞っている人もいれば、複数学部を受験予定の人もいるでしょう。


苦手科目がほかの科目の足をひっぱるようであれば、苦手科目の対策の勉強を先に進めてください。
科目間で得意不得意が極端な場合、得意科目で高得点が取れていたところで喜んでいてはいけません。
科目間格差を無くした上で、過去問に取り組んでください。

4.赤本の賢い使い方

赤本という教学社が出版している大学の入試問題が最もよく利用されています。
赤本は本屋さんはもちろん、Amazonでは新版や古本まで購入できます。


東大や早稲田の赤本は需要が多く、試験間近になると在庫切れの場合がありますので、受験生は早めに揃えておきましょう。


5.過去問本の残念な点


本屋さんでいろいろな出版社が過去問を販売しています。
基本、どれでも良いのですが、すべての大学や学部がそろっていて、最も販売実績がある点で赤本をおすすめします。過去問本を特にあたって、あえて残念な点を紹介しておきます。


受験した先輩たちの中でも多かった意見です。
逆に以下の点を前もって認識しておいて解くと良いでしょう。

5-1.どこの出版社も使いづらい

過去問はどこの出版社のものであれ、使いづらいです。


というのも、本というからには大なり小なり厚みがあって、本番の試験のように小冊子ではないからです。


・コピーする
・本を分解して年度、科目別に綴じる


過去問は安くないですし、ものを大切にしたい私たちにとって、すごくもったいないことをしているようで気が引けます。


ただ、過去問は何周かする場合を除いて、一回解いて答え合わせをしてしまえばもう価値としては昨日の新聞程度の価値しかありません。


本棚の肥やしとなってしまうものですから、有意義に活用するために、本を分解という荒行事も検討してみてください。


5-2.本番通りの解答用紙がない

過去問は残念ながら解答用紙はついていません。


一部、ネットからダウンロード可能な場合もありますが、自分で解答用紙となる代わりのもので説かなければなりません。


※センター試験は赤本にマークシート用の解答用紙がついていますので活用してください。

5-3.出版社によって解答が違う場合がある

各出版社の過去問の解答は時々、間違っていることがあります。


売り物ですから間違った解答が載っているというのは本来はいけないですが、過去問を解いた人の力量次第でそのようなことも実際にあります。


また、実際の解答欄からすると、解答例が長すぎたり、逆に短すぎたりしていることもありますので、模範解答を100%ではなく、参考としてください。

5-4.配点や採点基準が書かれていない

例えばすべてがマークで、100点満点で問題数が50問であれば、常識的に1問2点です。
ところが実際はマークと記述があって、どれが難点になるかは推測はできても断定はできません。


また、自分の解答と模範解答を照らし合わせて、正解にしてよいのか部分点をもらえるのかばっさりと0点になるのかは自分ではわかりませんよね。


せっかく合格最高点や合格平均点、特に気になる合格最低点が記載されていても、自分のテストが何店であるのかは大雑把にしかわからないというデメリットがあります。

過去問は最大限に利用すべき


結論として、相手の出方が分かっていたほうが対策がしやすいですから、過去問は実力がついたと思った時に解いてみるべきです。


人によって勉強の進度が異なりますので、時期は「◯◯にやらないといけない」という決まりはありません。


ただ、参考にするなら早いうちに、実践練習として使用するなら受験の1か月前には1回分は解いておいてほしいものです。

大学入学共通テストにプログラミングなどの情報科目を導入へ



大学入試センター試験に代わって導入される「大学入学共通テスト」に、プログラミングなどの情報科目を導入する方針が発表されました。


大学入試で国語・数学・英語のような基礎的な科目として情報科目を追加し、文系・理系を問わず学習を促して大学入試に追加する予定です。



高校ではすでに2022年度に、共通必履修科目にプログラミングを含む情報Iを新設する、次期学習指導要領が実施されことが決定しており、2022年度入学者の大学入学共通テストを目安に導入を進めます。


「大学入学共通テスト」抑えるべき3ポイント

国語と数学の一部で記述式を導入



「記述式」を導入します



センター試験では、解答を選択肢から一つ選びマークシートに記入する方式ですが、新テストでは国語(国語総合の範囲。古文・漢文を除く)と数学(数学Ⅰの範囲)の問題の一部に記述式で解答する問題が導入される予定です。


国語は、大問1問(小問3問)が記述式となる予定です。


記述する字数は最大で80~120文字程度の範囲で設定されます。


マーク式の試験とあわせて実施し、試験時間は80分から100分になる予定です。


数学の記述式問題は小問3問ほどで、マーク式問題と同じ大問の中で出題され、式や考え方を書くことが求められます。


試験時間は60分から70分になる予定です。




マーク式でも新傾向の出題


マーク式で答える問題を見直します。


2017年度に実施された新テストの試行調査で(プレテスト)は、各教科で新傾向の問題が出ました。


いくつかの資料をあわせて分析して答えを書く問題が特出されます。


授業で発表をし、日常生活で学んだ知識を使うといったシーンが多いです。


2021年1月の試験の出題がこうした新傾向の問題ばかりになることは限らず、新傾向の問題や凝った問題ばかりが出題されるとは限りませんので要注意です。



英語4技能を民間試験で測定


英語の4技能を測るために民間の資格・検定試験を利用します。


4技能とは、「読む」「聞く」「話す」「書く」。
大学入試センター試験の英語で、直接能力を測っているのは「読む」「聞く」の2技能をいいます。


「話す」「書く」の2技能も正しいアクセントを選ぶ、語句を並び替える問題ですが、これらの力を直接測るために、「英検」や「GTEC」といった民間試験を入試に活用する仕組みがつくられます。


高校3年生の4~12月の間に受験生は「英語4技能」を測る民間試験は入試に使えるのは2度までと決まっていて、民間試験の結果を大学入試センターがまとめて、大学入学共通テストの成績とあわせて各大学に提出すると想定されています。



2020~2023年度は、大学入学共通テストの英語の試験が続くことも決まっています。
国公立大学の多くは共通テストの英語と民間試験の両方を出題する方針です。

医学部の地域枠定員の現状



大学医学部の「地域枠」というのをご存知でしょうか?
これは、地域医療に従事する意志のある地元出身者などを優先的に入学させる方式です。




京都府立大学    一般100人:地域枠7人


大阪市立大学    一般80人:地域枠15人


名古屋市立大学   一般70人:地域枠27人


滋賀医科大学(国立)一般89人:地域枠28人


横浜市立大学    一般60人:地域枠30人


和歌山県立医科大学 一般64人:地域枠36人


奈良県立医科大学  一般77人:地域枠38人


福島県立医科大学  一般53人:地域枠77人


札幌医科大学    一般20人:地域枠90人





2018年までの10年間で約9倍にも増加


医師の偏在が深刻化し、国が2008年度に地域枠を導入する医大に定員増を特別に認めたことで急速に増えました。


例えば札幌医科大学は定員の8割を地域枠に充てるといった、地域医療中心の公立大が積極的に活用しています。



全国的には枠を拡大し、医療過疎地へ医師を送る自治体も目立ちます。



ところが、京都府立医科大学の地域枠が自治体設置の公立医大8校の中で、最少の7人となっています。


京都府は「府立医大は全国の医療充実に貢献している実績がある」と増員に慎重。



京都府は府内の中高出身者などを対象に、在学6年間で奨学金計1080万円を貸与、研修後に6年間、南丹市以北の医療機関に勤務すれば返済免除。


ただ枠は医学部定員の約6%で、地域枠を導入する国公立・私大の計71大の17年度平均(20%)より低く、国公立45大では東京医科歯科大(4人)、名古屋大(5人)に次いで少ない状況です。



府立医大によると、17年度入学者のうち府内の高校出身者は43%で、例年も3~4割程度。


府内病院で研修を終えた卒業者が、府内の病院に勤務した割合は68%(16年度までの3年平均)と、全国平均(85%)より低。



大学は「奨学金は府民の税金で予算上の問題がある」とした上で、「地域医療に加え、全国の病院で活躍する医師の養成も重要。定員が増えないまま地域枠を拡大すると、一般受験者の門戸を狭めてしまう」と説明。
定数増が認められた7人分の地域枠を充て、一般枠100人を変えていません。



京都府内の病院が研修医から人気が高いことも理由。


他府県からの希望者が多く、国から都道府県に割り当てられる研修医定員は毎年、ほぼ満員に。


研修医流出に悩む他県から削減を求める声があるといい、「地域枠を増やしても、府内で研修できない恐れもある。研修医定員の死守が先決」ということです


地域枠の増員期間は2019年度まで


2018年度の国公私立大学(81大学) 医学部入学定員は9,419名で、2017年度の9,420人より1名減少。


今後は、医師養成数の見通しや状況で判断。